職業紹介事業報告書


4月1日から3月31日までの業務内容を、都道府県の労働局に報告する職業紹介事業報告書に記載するデータを取得できるようになりました。
こちらの報告書は、Tamago-DB内のレポートというタブより、管理者以上のユーザーがアクセスできるようになっております。

管理者画面のカスタマイズより、レポートのカテゴリーを作成し、その後求職者や求人の各レコードより、任意のカテゴリーを選択することができます。

レポートの日程は、1月から12月をデフォルトで設定されてますが、下記の赤枠の日付の所より、日程の変更が可能になっております。

また、紫枠の所より、活動拠点の国別にデータを集計することも可能です。

更に緑枠の所より、紫枠で選択した国以外のデータを集計することもできます。

レポートでは、取扱業務等の区分、常用求人数、有効求人数、有効求職者数、新規求職者申込件数、プレースメント(成約)数、求人者手数料(紹介料)のデータが取得できます。 更に詳しい情報はこちらよりご覧ください。


 


求人のCSVインポート


求人情報をCSVで一括インポートできるようになりました。



CSVで求人をインポートする際、企業名は必須項目になります。
企業名が見つからない場合(完全一致の企業名である必要があります)、求人はインポートされません。

インポートできる項目の一覧はこちらになります。


ドキュメントビューワーのローディング

 

各レコードにある添付ファイルというタブをクリックすると、一番上にある添付ファイルが自動でローディングされるようになりました。
また、ローディング中を表すローディングのアイコンが追加されました。



その他のアップデート :

  • [企業] アーカイブした従業員は、現在や過去に勤務のサブグリッドで表示されないようになりました。
  • [レポート] アクティビティ状況のレポートに、リードが追加されました。
  • [レポート] 新規連絡先、リード、求職者、クライエントはそのレコードを所有(担当)している人を基に計算されます。
  • [レポート] 新規連絡先、リード、求職者、クライエントをクリックし、詳細を確認できるようになりました。