APIに情報を依頼するのにAPIキーが必要になります。

Tamago-DBで管理者以上のユーザーであれば、管理者画面より、APIキーの作成が可能です。



APIキーの作成というボタンをクリックし、新規で作成するAPIキーに名前を付けましょう。

こちらの名前は、複数のAPIキーがある場合に、どのAPIキーかを判別するためだけに利用されます。



その後キーは自動的に作成され、WordPressのプラグインやAPIを組んで作成した自社のウェブサイトに使用されます。