Tamago-DBでは現在ご利用中のメールとTamago-DB自体を連携する事ができ、Tamago-DB内に連絡先(求職者やクライアントなど)のメールアドレスが登録されていれば、受信及び送信メールをTamago-DB内で見る事ができます。

Eメールリンクの設定を行うと直ぐ、各連絡先の「Eメール」のタブより、メールのやり取りが閲覧できます。


注意: Tamago-DBとメールとを初めて連携した際は、メールの紐づけに数時間から1日ほど掛かる場合がございますので、その点ご了承ください。


任意の連絡先情報のページに行くと、通常その連絡先とのメールでのやり取りを自動的にTamago-DBが読み取りを開始します。

ですが、稀に読み取りに時間が掛かる場合がございます。Eメールのタブで過去のメールのやり取りが読み取られてない場合は、

下記の方法を行ってください。


インターネットブラウザーの更新

Tamago-DB はクラウドベースのデータベースになりますので、ページを更新していただくと、最新の状態に変更されます。


Eメールタブの更新

Eメールタブの横にある更新ボタンのアイコンをクリックすることで、ユーザーご自身で更新する事ができます。

更新ボタンをクリックした後、再度ブラウザー(閲覧中のページ自体)も更新してください。



メールボックスとTamago-DBを連携するには、どのようなメールシステムを利用しているかによっても、連携に時間が掛かる場合がございます。翌日になってもメールが連携されてないようであれば、Tamago-DB上の「ご意見&サポート」より以下の方法でご連絡ください。また連携できていないメールだけをピンポイントで連携させるには、メッセージのソースが必要になりますので、下記の方法でご連絡ください。


「ご意見&サポート」からの連絡方法

メッセージのソースを弊社に送る方法:

  • Outlookをご利用の場合、新規のメールを立ち上げ、その後連携できていないメールをドラッグ&ドロップで添付ファイルとして貼り付けてください。その後そのメールをsupport@tamago-db.com 宛てにお送りください。
  • Gmailをご利用の場合、連携できていないメールを開き、返信ボタンの右横にある矢印をクリックし、メッセージのソースをクリック。その後「元のメールをダウンロード」という箇所をクリックし、ダウンロードしたテキストファイルを添付して、support@tamago-db.com 宛てにお送りください。


メールをお送りいただくと同時にその連絡先(求職者やクライアント)のURLやID番号をお知らせください。