人材紹介ビジネスにおいて、KPI管理を行う事は非常に重要であるため、Tamago-DBでは

コンサルタントのアクティビティを自動集計し、管理に活かせる各種レポートがございます。


スナップショットレポート


ユーザー毎、または作成日をもとに起算した期間でフィルターをかけることが可能


こちらのレポートでは下記の情報を閲覧できます:

  • プレースメント(成約)
  • 新規求人数
  • 求職者の転職意欲
  • 新規求職者
  • 進捗の状況
  • 進捗に追加された新規案件
  • 新規添付ファイル
  • New attachment sent


例: 下記が進捗の状況のスナップショットレポート


 [全ユーザー]: ユーザー毎に閲覧可能

カレンダーの期間: 任意の期間で設定することが可能

 [% or # ] パーセンテージか実数かを選択し、閲覧可能






アクティビティ状況のレポート

こちらのレポートでは、任意に選択した期間の、週間もしくは月間で作成した総数を見る事ができます。

ユーザー毎にフィルターを掛ける事ができ、レポートのエクスポートも可能になっております。


重要:このレポートの数字は現在時点での状況を反映した数字になります。そのため過去の数字が、それ以後の変更により、変わっている可能性がございます。

 

下記にどのように表記されるかご説明いたします。 


  • 日時: 表示されている日時は、週もしくは月の初めの日をスタート日としております。週の場合、月曜日から日曜日までの集計になっております。 
  • ユーザー: 貴社の各ユーザー。
  • 新しい連絡先: そのユーザーにより新しく作成された連絡先数 (リード、求職者、クライアント全て含む数)
  • 求職者: 連絡先のタイプをリードから求職者に変更した数。(それ以後変更したユーザーがいた場合は、その変更したユーザーに数値が紐づきます。)
  • クライアント: 連絡先のタイプをリードからクライアントに変更した数。(それ以後変更したユーザーがいた場合は、その変更したユーザーに数値が紐づきます。)
  • 求人: 新規求人数(作成者ではなく、求人の所有者に基づいて計算)
  • 求人終了: 所有している求人の状況を終了済みに変更した求人数(最新更新日に基づいて計算)
  • リードとのミーティング: リードとのミーティングを作成した日にもとづいて計算(実際にミーティングが行われた日に計上されているのではありません)
  • 求職者との面談: 求職者との面談を作成した日にもとづいて計算(実際に面談が行われた日に計上されているのではありません)
  • クライアントミーティング: クライアントとのミーティングを作成した日にもとづいて計算(実際にミーティングが行われた日に計上されているのではありません)
  • 面接: 新規面接数。面接を作成した日にもとづいて計算(実際に面接が行われた日に計上されているのではありません)
  • 進捗: 期間内に作成された新規進捗案件数。(進捗案件の所有者に基づいて計算)
  • 企業推薦: 期間内にあらたに作成された企業推薦の数(企業推薦日とその所有者に基づき計算)
  • Eメール送信: Tamago-DB内に登録されたユーザーのメールアドレスから送信したメールの数(メール送信日をもとに計算)
  • Eメール受信: Tamago-DB内に登録されたユーザーのメールアドレスから受信したメールの数(メール受信日をもとに計算)
  • メモ: メモの作成日に基づいて計算されたメモの総数


進捗レポート


こちらは進捗状況毎のレポートになります。各々の進捗状況の段階を表すものになります。

仮に、今週ある進捗案件が3段階の各ステップを進行した場合、その3段階のステップ各々に数値が足されます。


各項目は貴社内でカスタマイズされたものが反映されております。

進捗の結果の項目は少し濃い灰色になっております。 


ユーザー毎にでフィルターを掛ける事ができ、レポートのエクスポートも可能になっております。


  • 日時: 表示されている日時は、週もしくは月の初めの日をスタート日としております。週の場合、月曜日から日曜日までの集計になっております。
  • ユーザー: そのユーザーが所有しているレコードをもとに計算しております。
  • 進捗: 期間内にあらたに作成された進捗案件の数



例外

  • 企業推薦: 企業推薦日を基に、作成された企業推薦の数(アクティビティ状況のレポートと同じ)
  • オファー(内定): オファー(内定)日を基に、オファー(内定)をもらった進捗案件数