Tamago-DBでは3つの異なったユーザー権限で構成されており、ユーザー、管理者、特別管理者に3種類に分類されております。

各ユーザー毎に利用可能な権限は下記の通りになります。


「管理者及び特別管理者」とユーザーとの最も大きな違いは、データの削除、データのエクスポート、レポートへのアクセス、担当者の変更、管理画面の設定権限にございます。

管理者と特別管理者の唯一の違いは、 他のユーザーに成りすます事ができるかどうかになります。


機能 ユーザー 管理者 特別管理者
データの追加 O O O
データの編集 O O O
メモの編集 ※ (ユーザーは自分のメモのみ編集可能) O O
データのアーカイブ O O O
ショートリストの作成と共有 O O O
ショートリストへの連絡先の追加 O O O
ショートリストの編集 ※ (ショートリストの所有者のみ編集可能) (ショートリストの所有者のみ編集可能)
(ショートリストの所有者のみ編集可能)
添付ファイルのアップロード O O O
添付ファイルのダウンロード
O O O
タスクの任命と作成 O O O
ユーザー設定 O O O
データ削除 X O O
データ統合 X O O
データのエクスポート X O O
レポートへのアクセス X O O
全ユーザーダッシュボート X O O
レコードの所有者の変更 X O O
管理者画面の設定 X O O

管理者画面 


管理者画面設定 User Admin Super admin
ジョボボートアカウント管理 X O O
新しいタグの作成 X O O
データのコピー制限 X O O
IPアドレス制限 X O O
新規ユーザーの追加 X (ユーザー、管理者) (ユーザー、管理者、特別管理者)
ユーザーのロック X O O
ユーザーのプロファイルの編集 X O O
ユーザーのパスワード変更 X O O
ユーザーログイン履歴 X O O
成りすまし機能 (他のユーザーとして) X X O
必須項目の設定 X O
O
タグの管理と編集 X  O
O