Tamago-DBでは、CSVファイルを用いて一括でインポートする機能があります。


エンコーディング


エンコーディングは、UTF-8, Shift-JIS, EUC-JP, ISO-8859-1 or ASCIIをサポートしていますが、Tamago-DBでは、多言語に対応しているUTF-8をお勧めします。

CSVファイルは下記に添付しているファイルをご利用ください。



インポートの仕方


連絡先、もしくはショートリストのページからCSVなどのファイルをインポートすることが出来ます。

インポートと書かれているボタンをクリックしてください。




インポートのボタンをクリックすると下記のようなポップアップ画面が出てきます。




下記の方法に従ってインポートが行えます。


ファイル: インポートしたいファイルを選択


担当者:  インポートするレコードの担当者を選択。担当者を選択しない場合、インポートされたレコードには担当者がいませんので、後程選択する事が可能です。


ショートリスト: インポートしたいレコードを既存のショートリストに追加もしくは新たなショートリストとして作成する事も可能


新たに会社のレコードを作ります: こちらのチェックボックスをクリックしておくと、インポートした際にTamago-DBにはまだ無い会社を新しいレコードとして作成します。


インポートテスト:  インポートのテストを行う事ができます。こちらを事前に行うことで、実際にインポートする際にエラーの発生を防ぎます。


重複レコードの運用方針: 下記の3つの方法より選択できます。



〇重複データがあっても、新規のレコードとして作成〇重複データがある場合、新規でデータを作成しない

〇重複データを統合する


重複レコードの適合方針: 重複を統合するを選択した場合、Tamago-DBでは、Eメール、電話、名前(姓名)、企業名で検索をかけることができます。


フィールド


OutlookからエクスポートされるCSVファイルは、非常に多くの種類のコラムを持っています。

Tamago-DBは、Outlookが提供するフィールドのうちの一部になりますが、下記のフィールドをサポートしています。


※ First nameLast nameだけが、必須入力項目です。

各種英語で書かれた項目名の右隣のカッコ内の言葉は、日本語訳になります。


    Title (Mr.やMissなどを入力)  

    First Name   (名前)

    Given Yomi (名前のふりがな)

    Middle Name (ミドルネーム)

    Last Name  (姓)

    Surname Yomi (姓のふりがな)

 Gender    (性別 : 男性の場合male、女性の場合femaleと入力してください)

    Company   (現在もしくは直近の勤務先企業名)

    Department  (部署名)

    Job Title    (役職名)    

    Job Description  (現職の業務内容)

    Salary    (現職の給与 例:15000000 もしくは1500万)

    Salary Currency (給与の通貨)

    Company Main Phone (勤務先の電話番号)

    Business Street (番地)

    Business Street 2 (マンション名、ビル名など)

    Business City  (市町村名)

    Business State  (都道府県名)

    Business Postal Code (勤務先の郵便番号)

    Business Country/Region (勤務先の国名)    

    Office Location      (勤務先住所:勤務先が上記の勤務先企業の住所と異なる場合に記入)

    Home Street  (自宅の番地)

    Home Street 2 (自宅のマンション名、ビル名など)

    Home City   (自宅の市町村名)

    Home State  (自宅の都道府県名)

    Home Postal Code (自宅の郵便番号)

    Home Country/Region(自宅の国名)

    Primary Phone (主要な電話番号)

    Mobile Phone  (個人携帯)

 Home Phone  (自宅の電話番号)

    Home Phone 2 (自宅の電話番号2)

    Other Phone  (その他の電話番号)

    Home Fax           (自宅のファックス番号)

    Other Fax   (その他のファックス番号)

    E-mail Address (メールアドレス)

    E-mail Type  (メールアドレスのタイプ)

    E-mail 2 Address (メールアドレス 2)

    E-mail 2 Type     (メールアドレス 2のタイプ)

    E-mail 3 Address (メールアドレス 3)

    E-mail 3 Type      (メールアドレス 3のタイプ)

    Categories   (タグを入力。複数のタググループを利用している場合は、Categories [jobcategory]、Categories [industry]とし て複数のコラムを作成すれば、タググループ毎にタグを貼り付けることが可能。詳細は下記のタグという所をご覧ください)


 Notes     (メモ)

    Birthday    (生年月日   例:1980-02-05)

    Age                   (年齢   例: 38)

 Description  (連絡先のプロフィールに入力したい情報)

    Referred By  (社員以外でこの連絡先を紹介してもらった場合のみ、こちらに紹介者名を記入)

    Source Type    (連絡先を取得した媒体名・情報源。管理画面のカスタマイズで作成可能。インポートの際は、カスタマイズのキーの名前を使用)

 Source Detail   (連絡先を取得した媒体名・情報源の詳細情報。記入欄)

 Linkedin     (LinkedInで使用される候補者のURLを記入)

    Facebook   (Facebookで使用される候補者のURLを記入)

    Twitter       (Twitterで使用される候補者のURLを記入)

    Web Page (連絡先のウェブサイト)

    Desired Salary  (希望給与  例:15000000 もしくは1500万)

 Desired Salary Currency (希望給与の通貨)

 School  (学校名)
 Degree  (学位)
 Major   (専攻)
 Graduate Year (卒業年度 例:1996)
 Graduate Month (卒業年度月 例:3)
 Language 1 Name (言語名 例:en)
 Language 1 Ability (言語レベル 例:business)
 Language 2 Name
 Language 2 Ability
 Language 3 Name

 Language 3 Ability
 Certifications       (資格その他)

  

      

【ポイント】

  • Title、First Name、Last Nameのコラムは必要ですが、それ以外のコラムで不要なものは削除可能
  • 姓(Last Name)と名(First Name)だけが必須入力項目となります。Titleのコラム欄に情報を一切記入してなくても問題なくインポート出来ます。
  • コラムの順番は関係なく、読み込むことができます。



タグ


上記でも説明しておりますが、レコードをインポートする際に、カテゴリーフィールドにおいて、タグ(tag)を設定することが可能です。 どのタググループのタグをどのレコードに追加するかの方法は、下記の方法で追加する事が出来ます。

CSVのカテゴリーフィールドの名前を: Categories [jobcategory]と作成します。

カッコ内に入るのが、タググループの名前になります。名前の所にはタググループのキーの名前が入り、キーは英語で作成しなければなりません。

キーの名前が分からない場合は、管理画面のタグ管理のタブより確認できるので、貴社の管理者か特別管理者にお問合せください。 


言語名:連絡先の習得している言語

    英数2文字からなるISO 639-1コードを使用します。

    こちらのリンクをクリック


言語レベル


言語レベルは1から6の数字をいれるか、下記の各文字をいれてください。

  1. basic  (基礎レベル)
  2. conversation (日常会話レベル)
  3. business   (ビジネス会話レベル)
  4. advanced business (上級ビジネスレベル)
  5. fluent (流暢)
  6. native (ネイティブ)